遠洋鮪漁業船 第38高豊丸

前のページへ

船籍地 高知県室戸市で実兄が経営する遠洋鮪延縄漁業船(総トン数439トン型)です。

4月〜9月は、南太平洋ソロモン諸島を中心とした漁場でキハダ鮪を主体に漁獲し、10月〜2月にかけては、高知市の真東、統計165度、北緯33度の通称、東沖と呼ばれる漁場で、目鉢鮪、ビンナガ鮪を対象に操業しています。

当社が主力商品で販売している土佐乙女まぐろは、この東沖で漁獲されたビンナガ鮪を船上で高鮮度処理したマグロです。

年間漁獲量600トン。今後はこの漁獲物を当社で加工販売出来る様、戦略を描いています。

遠洋鮪延縄漁業船